女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。を立ち読みしてみた。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。という漫画が、こっそり噂になっていたので、とりあえず立ち読みしてみようと思いました。

そこで、配信元のComicFestaという所へ行ってみたわけですね。

コミックフェスタのメンズトップ

一般作も取扱う安心で安全なサイトです

すると、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」は12話まで出ている事がわかりました。

まあ、それは置いておいて、まずは立ち読みです。

という事で、無料立ち読みボタンを押して読書開始!

ここから立ち読みできます

▼ ▼ ▼

無料立ち読み

何だか巨乳のお姉さんが、目線をこちらへ送っている表紙画像が登場して、ちょっとドキドキです。

しっかりと下方向にもスクロールしてくれるので、太ももとおパンツもチェック可能でした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の表紙絵

そして無料部分の本編ですが、目つきが悪い若い男が疲労感溢れる状態で出現。

彼は相川壮介という高卒でフリーターをしていて、ボロいアパートに住んでいる、ある意味負け組です。

そんな彼が、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の主人公だとすると、もうすぐラッキースケベなイベントが発生しそうで、読んでいてそわそわしちゃいますね。

毎日、馬車馬のように働く壮介は、何やら唯一のお楽しみがある模様。

彼が自宅のドアを開けると、なんと、そこには可愛い女の子が出てきて、お掃除しているではありませんか!

彼女は、壮介が住むアパートの大家さんである清水由紀さんでした。

これだけが毎日の楽しみとの事ですが、一体いつエッチな話になるのか、激しく気になる展開です。

ある日、彼が爆睡していると、やたら上の階からドンドン音がなっていました。

天井から女の子が落ちてきた

怒り狂った壮介は、その音の元となっている丹生という表札がある部屋へ文句を言いに行きます。

しかし、そこにはナイスバディなお姉さんがいて、思わず許しちゃうわけですね。

そんな彼女が、どうしてやたら部屋で激しい音を鳴らしていたのか、それは割と普通な理由でした。

と言うより、素直に謝る行為に出た美女とか、正直可愛すぎです。

相川壮介は怒りなんて吹っ飛んで、思わず彼女を応援してしまう始末。

部屋へ帰ると、再びドンドン音が鳴り響きますが、その正体を知っている彼は、エロい妄想に耽りオッキしちゃうわけですね。

とりあえず、さっきの女の子をオカズにしておく相川壮介くん(笑)

しかし、まさかこのタイミングで、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」という言葉をそのまんま実行してくれるとは思いませんでした。

いや、それよりもこの漫画立ち読み部分超長くね?とか思ったのは気のせいでしょうか。

長く思えた立ち読みサンプルはこちらです

↓ ↓ ↓

http://sp-comifesad.jp/

女の子が落ちた先は下の階

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の本編へ無条件特攻した理由

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。のサンプルがあまりにも読み応えがあって、いつの間にやら1話に突入していました。

まあ、はっきり言って無条件特攻状態ですね。

その理由は、やはり無料で読めた部分の終わり方にあります。

まあ、読んでみるとわかると思いますが、あの終わり方は反則ですよ。

あんな事になったら、もはや「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の本編に行くしかありません。

挿入寸前の丹生さん

そんな訳で、主人公が自家発電中の息子めがけて、上の階で踊りまくっていた巨乳の女の子が落下してくるシーンの続きが読みたくなったわけですね。

こうして、第1話「天井抜けたら、女の子の蒸れたプニプニお股が落ちてきた!!」へと突撃しました。

はい、メインタイトルの「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」同様、本編もまさにそのまんまと言っても過言ではないタイトルですね。

もう全く、ComicFestaのポイントを使うのに躊躇というものがなくなっていました。

この「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」は、序盤から煩悩と言う名の洗脳パワーが強い作品です。

でも本編では、もう一度、無料で読んだ所を最初から読み直しになるので、ちょっとしたタイムリープでもした気分になれますね。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の1話が要らないかも?

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の1話を立ち読みしてから即買いしたのですが、もしかして要らないかも?と思ってしまいました。

何故かと言うと、どう見ても1話がお試し部分と被りまくりだったからですね。

いや、それよりもむしろ1話本編の方が若干短いような感じすらします。

だからもしも「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」をこれから読もうと思っている人は、2話から読む事をおすすめしておきます。

女の子が落ちた先は、俺が擦っていた息子の先っぽでした。

まあ、細かい部分で補完されているシーンがあるので、じっくりと漫画に入り込みたいって思っている場合は、1話の本編を無料で読めた所と比較しながら読むと楽しいかもしれません。

ただ、女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。を読むのが初めてだった私としては、普通に読んでみて、「あれ?同じじゃん」と思ったとだけ書いておきます。

それくらい小さな違いしかないので、そこが気になった人だけが1話に手を出すべきだと個人的には思いました。

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」を試し読んで、さあ行くぜって時にお財布が寒い時には、1話はスルー推奨ですね。

ぶっちゃけ、無料立ち読みから2話の流れでも全く違和感なく読めてしまったので、そこは読み手の好み次第といった所です。

続きを読む

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。は、2話で挿入過程が発覚!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の2話へ進むと、立ち読みだけでは、はっきりとわからなかった挿入に至る過程が発覚します。

はい、実は主人公相川壮介の部屋の上に住む丹生さんが、落ちてくるまでの流れが割と細かかったのです。

必死でダンスぽい事を練習していた彼女は、とりあえず自室の畳を踏み抜きます。

天井踏み抜く丹生さん

普通なら、そのまま「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」状態になるのかと予想しますよね。

でも、彼女はず大きな胸が穴に引っかかって、一旦落下が止まってしまうのです。

ええ、もう下の階には露出度が高い下半身のみという、エロいけど笑える状況になっていました。

しかも、何とか脱出したい巨乳美女は、壮介に対して持ち上げて欲しいとお願いしてくるからビックリです。

まさか、自らおさわりを要求してくるとか、アレを擦っていた壮介からすると待ってましたと言わんばかりですね。

真っ正面から太ももに触れて持ち上げようとする彼は、何故かパニック状態の彼女の股間に顔を埋める結果となります。

自慰中の壮介に乗っかる美女

上の階では思わずビクンビクンしちゃった美女が、猛烈に文句を言うわけですが、その時、遂に2回の床、いわゆる1回の天井が破壊されてしまうのです。

そして、思いきり落ちてきた女の子は、壮介のフル勃起中だったモノを自ら挿入する結果となったわけですね。

いや、これってもしリアルに「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」なんて事が起こったら、ナニが折れちゃいますよ。

この漫画みたいに、綺麗にズプッて普通はなりませんよね。

でも女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の2話では、挿入後は発情中だった壮介が暴走を開始!

挿入中の女体を前にして止まれる若い男なんて、まずいません。

イケないスイッチが入った相川壮介は、綺麗な乳首をペロペロしながら、その巨乳を両手で攻めまくります。

壮介と丹生さんが勢いで身体を重ねる

さらに「やめてください!」と声を出す美女に容赦無い腰使いを敢行。

すると、嫌がっていたはずの彼女が、速攻で気持ち良くなってきちゃうから不思議です。

ううむ、この娘、まさか割とえっちぃ事が大好きなのかも?

なんて妄想が広がる女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の2話ですが、まだまだ初挿入後のプレイは続きます。

はい、よくわからない状態なのに、普通にキスとかしちゃっていて、2人はまるで恋人同士のようです。

そして、激しく登り詰めた彼等の危ない現場に、まさかの大家さん清水由紀が突入してきたから、さあどうなる?という感じでした。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。でも大家さんとは普通にヤリます。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。なんてタイトルなので、出てくるヒロイン達が降ってきまくるのかと思っていました。

でも、丹生さんは落ちてきたわけですが、もう1人のヒロインである大家さんとは、普通にヤリます。

いや、普通とは言えないかもしれませんが、3話からは一緒の部屋で暮らすから、寝る時は触り放題なんですよね。

アパートの大家さん

そんなただの事故エッチだけじゃない「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」は、ここから話が大きく動き出します。

それにしても、2階と1階が繋がってしまったからと言って、女の子側からやりたい盛りの男に同居を求めるとか激アツです。

壮介は、しっかりと我慢して、彼女の隣で眠ろうとするわけですが、寝相が露出プレイ状態の大家さんから目が離せなくなりました。

あんなエロいボディが目の前で、どんどんはだけていったら、ホモでもない限り男だったら欲情しちゃいますよ。

眠る大家さんにイタズラ

それでも紳士な態度で、清水さんの身体に布団をかけ直してあげようとする相川壮介くんは、マジで頑張っていました。

しかし、そこで困ったハプニングが発生!

この清水由紀さんは、超絶に寝相が悪いのです。

だから、下手に接近なんてすると、簡単に抱きつかれちゃいます。

柔らかい肌が腕に密着すると、我慢の限界なんてあっさりと超えてしまいます。

清水さん弄りがハマりそう

こうして、眠っている大家さんに悪戯を始めてしまった壮介は、行為をどんどんエスカレートさせてしまうのです。

自然に露出していた彼女の胸を弄っていた彼は、もう触るだけなんて耐えられません。

まあ、これは健康な若い男なら当たり前ですね。

こうやって、彼の手は大家さんの股間へと伸びていきました。

ここまで来ちゃったら、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」なんて名は、どうでも良くなってしまいますね。

この先、上から女の子が降ってくる展開とか無さそうな感じですが、果たして?

弄られ中の大家さんにタッチして!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。3話

清水由紀さんは眠ると油断レベルが上がりまくり?!

清水由紀の恥ずかしい姿

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。で第二のヒロインとなっているはずの大家さんこと、清水由紀は、とにかく眠ると油断しすぎてスゴイヤバイです。

油断にレベルがあるなら、もはやカンストしてそうな勢いだと思われます。

起きていると、壮介がエッチな事しないように注意するのに、一旦寝てしまえばもう別の人。

寝相は酷いし、思いっきりパジャマが半脱ぎ状態になるしで、横で寝ている壮介を無意識に挑発しまくってきます。

大家さんがソロプレイ

こんな油断レベルマックスな美女に対して、ナニもしないのは紳士ではありませんよね。

という事で、彼は勝手に抱きついてきた半裸な清水由紀さんの身体を弄くり回す事にしました。

知らない間にパンツも脱がされた清水さんは、アソコを弄られているのに、まだ眠っています。

大きな胸を晒したまま、股間をまさぐられる状況で、なかなか意識を取り戻さないとか只者じゃないですね。

こんな油断レベルが高いカワイイ女の子とリアルに遭遇してみたいものです。

清水さんの口止め条件

「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」という作品は、こんな妄想を書き立てさせてくれる漫画でもあります。

胸とお股のダブル攻めにキスが加わって、ようやく目を覚ました清水由紀さん。

既に身体は発情モードなので、もうなすがままです。

我に返った彼女は、相川くんが無茶している事に、やっとこさ気付きました。

清水由紀さんが絶頂した

彼に抗議する大家さんですが、止まれなくなった相川くんは、そのまま清水さんをイカせちゃいます。

そして、散々気持ち良くして貰った後なのに、やたら怒り狂う大家さんですが、不思議と萌えちゃいますね。

これでも部屋を追い出されないのだから、この美女、マジで天使です。

こんなツンデレな清水さんに丹生さんとダブルでヤレるとか、どう考えても主人公は勝ち組へまっしぐらですね。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の作品基本情報

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。という作品の基本的な情報を、この辺で押さえておこうと思います。

この漫画、作者は鳩こんろという、まるで空を飛んでいきそうな感じの作家さんです。

実際、ヒロインが気持ちイイ意味でトンじゃっているので、作品に合っている気がしますね。

現在12話まで配信されていますが、その概要は以下の通りとなります。

とりあえず、女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の各話の扉絵が同じなのは仕様だと思われますが、気にしたら負けです。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。のヒロイン達

【1話】天井抜けたら、女の子の蒸れたプニプニお股が落ちてきた!!

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の主要キャラの紹介と落下合体プレイ寸前まで。

【2話】降ってきてそのままズプッっと…!?こりゃ腰が止まんない

シコり中の壮介が上の階から落ちてきた美女にダイレクト挿入して、とても気持ちイイ感じになったら、大家さんが来て波乱展開。

【3話】寝ぼけた大家さんのおっぱい…あぁー柔らかすぎてたまんねぇ

天井に穴が開いたから、可愛い大家さんと何故か一緒に暮らす事になっちゃうお話という、いきなりぶっ飛んだ展開。

【4話】大家さんのアソコ弄ってたら、ぬるぬるしてビクッと跳ねた!

同じ部屋で寝ている大家さんにイタズラした結果、ビクンビクンさせてしまった上に怒らせた件。

【5話】バレないように大家さんの隣で…2階のあの子と密着えっち!!

せっかく大人しく寝ようとしている壮介に、まさかの丹生さんが夜這いに来ちゃった!?

【6話】布団の中は熱気ムンムン…バックで突きまくり!もう声漏れまくり!

大家さんの隣で丹生さんと思いきりヤリまくったけど、翌朝ちょっとした波乱に・・・。

【7話】あの子にバレないように…押し入れに隠れて大家さんをクリクリ!!

清水さんと押し入れで密着状態だけど、隣の部屋にはパンツを探す丹生さんという面白い状況に?

【8話】自分でアソコをぱっくり開かせ、俺の息子を擦りつける!!

大ピンチな清水さんと壮介だったけど、難を逃れたから2人で性欲解消しちゃうぞ!

【9話】大家さん泣かせちゃった…反省代わりに、お腹にぶっかけ!

大家さんと一緒に気持ち良くなったら泣かせてしまったけど、もはや3人プレイの予感しかしないじゃないか!

【10話】昨日のエッチを思い出して…大家さんが自分で弄ってる…!?

何か思いだし発情しちゃった大家さんがオナってしまうけど、そこへお約束が発動する感じ?

【11話】自分だけHなことしてっ…罰として舐め合いっこしてもらいます!!

何かもうデレ始めちゃってる大家さんとペロり合いして2人で絶頂したら、今度は丹生さんが脱いでたみたいなお話。

【12話】2階のあの子と一緒にお風呂!ぬるぬるっとアソコを洗いっこ!!

丹生さんに半裸でお風呂に誘われたら、一緒に入らない理由なんて見つかりません。

作者鳩こんろ氏に注目してみる。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。の作者は、鳩こんろという人ですが、一体どんな作家さんなのでしょう。

そんな疑問を持ったので、とにかく調査あるのみです。

何かツイッターを見つけたので見てみると、エッチな漫画からは想像できない、可愛い柴犬くんの写真がありました。

寝ているのか、目を閉じているのですが、それが余計にイイ感じで、なかなか萌えるワンコです。

でも、本人のコメントでは、しっかりと男性向けのエロ漫画描いているってあったので一安心。

つぶやきをチェックしていくと、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」の情報よりも先に先程の犬の顔が出てきて癒やされました。

それとさりげなく、丹生さんの下の名が公開されていたりしますね。

丹生砂生さんとお風呂

丹生さんと洗いっこを体験!

↓ ↓ ↓ ↓

>>お風呂回の12話詳細<<

なるほど、砂生ちゃんって言うんですか・・・って、どう読むんでしょうね?とか思っていたら、しっかりと書いてありました。

作者情報を探っていると、女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。という漫画が、思った以上に人気作だとわかったのが、ある意味収穫ですね。

何だか色んなデジタルコミック配信サイトで1位になっているみたいです。

あと、鳩こんろ氏の絵を見ていくと、「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」では本気を出し切っていない印象を受けました。

今後もっと期待しても良さそうな作家さんですね。

そんな中、全く関係無いメジロマックイーンと言う名のウマ娘が出てきてフキました。

まさか、本物の馬を使って萌えキャラを作るとか、世の中ヤバいっすね。

これがゲームにもなるとかいうのだから、気にならない方が難しいでしょう。

むしろ、こっちが「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。」より気になったのは秘密です。